国民健康保険料を延滞、滞納は消費者金融キャッシングを解決!

おまとめローン比較ハックス

Just another WordPress site

国民健康保険料を延滞、滞納は消費者金融キャッシングで解決!

読了までの目安時間:約 4分

 

金利ゼロ期間ありのプロミス

300 × 250
プロミスの強み
▼最短即日融資!
最短なら一時間の融資が可能!

▼会社バレなし
コールセンターの対応は完全顧客目線♪

▼最低返済額、毎月1000円から
自分のペースで楽々返済♪ 余裕があればたくさん返済♪

▼三井住友VISAプリペイド2000円分をプレゼント♪
新規契約してプリペイドのプレゼントがされるのはプロミスだけ!

▼WEB完結申込みでカードレスにできる!
※対象金融機関は200行以上あります。

▼自動契約機でカード発行①
土日・祝日の即日キャッシング可能!

▼自動契約機でカード発行②
郵送物なし→家族バレなし!

▼三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座を持っている方
24時間365日いつでも振込融資が可能!【瞬フリ】

▼最大30日間無利息キャッシング!

▼安定収入がある方
20代、30代の正社員・アルバイト向けのローン

[プロミスでのキャッシングならコチラ!]




※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。
※即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※無利息キャッシングは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。


WEB完結申込みのSMBCモビット

夏菜さん ループ
SMBCモビットの強み
▼最短即日融資!

▼WEB完結申込み利用
会社と自宅電話連絡なし、郵送物なし

▼申込みフォームの入力項目少ない
PCでもスマホでも簡単に手続き可能!

▼自動契約機でカード発行①
休日の即日キャッシング可能!

▼自動契約機でカード発行②
郵送物なし→家族バレなし!

▼安定収入がある方
正社員・アルバイト・パート・自営業でも利用可能!

[SMBCモビットでのキャッシングならコチラ!]


※SMBCモビットの即日融資(振込)については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※SMBCモビットの利用は、安定した収入があることが条件です。
※株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

[プロミスでのキャッシングならコチラ!]

[SMBCモビットでのキャッシングならコチラ!]

[じぶん銀行カードローンでのキャッシングならコチラ!]

imasia_7975006_XL

私は、不況の影響で稼ぎが減り、国民健康保険証を延滞、滞納してしまったことがあります。

国民健康保険料が延滞、滞納で支払っていないとなると、保険証が使えなくなり、医療費を負担してもらえなくなるので、全額負担しなくてはいけなくなります。

この場合、急に病気になったり、怪我をしたりして、その治療費が払えなくなる可能性があるということなので命に関わりますよね。

ましてや、自分の家族が定期的に医療機関のお世話にならないければいけない持病や障害があったとすすれば、これは本当に笑いごとでは済まない状況です。

もし国民健康保険料が一時的に支払えないような状況のときは、延滞、滞納をしてしまう前に大手消費者金融にお金を借りてピンチを凌ぐという手もあります。

当サイト『おまとめローン比較ハックス | 低金利銀行カードローンへの借り換え情報等』では、お得に利用できる大手消費者金融を紹介していますので、もし良かったら参考にしてみてくださいね。

[プロミスでのキャッシングならコチラ!]

[SMBCモビットでのキャッシングならコチラ!]

[じぶん銀行カードローンでのキャッシングならコチラ!]

imasia_7971502_XL

 国民健康保険料を延滞、滞納した場合は市役所の健康保険料の担当者に相談しよう

国民健康保険料の支払いをしている人は、自営業の方か、無職の方だろうと思います。
自営業の人は景気によって収入も左右されるかと思うので、その月によっては全く収入がないときもあるはずですよね。

フリーターならば仕事がたくさんある時期ならばお金に困ることはないでしょうが、不況で仕事がない場合は、月によって収入が激しく変動してしまいます。

しかし、国民健康保険料は毎月支払うものですので、今月はあまり稼げなかった、といってもその月の支払いを免除してもらうというわけにはいきません。

もし、国民健康保険料の支払いに困って滞納してしまった、あるいは滞納してしまいそうなときは、正直に市役所の健康保険の担当者に相談しましょう。事情によっては国民健康保険料の支払いを待ってもらえる場合もありますよ。

国民健康保険料の滞納を続けると、国民健康保険の切り替えのときに『国民健康保険料を支払っていない人』だと識別できる保険証に切り替わります。

この保険証の場合、医療費は全額実費払いになってしまうんです。全額実費払いでもらった領収書を市役所に持っていって、市役所に申請をすることで医療費を返してもらうことになります。

しかし、このとき、市役所で医療費の申請をしていても、滞納分の国民健康保険料と差し引いて、その差額分を渡すということになりますので、医療費よりも国民健康保険料の滞納の方が多かった場合は医療費は戻ってこず、強制的に国民健康保険料を徴収されます。

もし、国民健康保険料の滞納が一時的なものならば、お金を借りるなどして支払ってしまった方が良いでしょう。

たとえば、大手消費者金融のプロミスやアコムならば、30日間の無利息キャッシングが初回限定で利用できますので、無利息期間の間に借りたお金を完済してしまえば、元金のみでキャッシングをすることができます。

もし、国民健康保険料の支払いに困ったなら、大手消費者金融を頼ってみるのはいかがでしょうか。
ただし、国民健康保険料の滞納だけでなく、家賃や携帯電話料金、光熱費など、いろいろなものの支払いが滞っているのなら、消費者金融でお金を借りるよりは債務整理を検討する方が良いかと思います。
それぞれの状況に応じて、適切な対策をするのがおすすめです。

imasia_11047188_XL

 

保険 延滞・滞納 保険 延滞・滞納 国民健康保険料 滞納   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る