カードローンを利用する場合の注意点【消費者金融、銀行の本当に賢い利用方法】

おまとめローン比較ハックス

Just another WordPress site

カードローンを利用する場合の注意点【消費者金融、銀行の本当に賢い利用方法】

読了までの目安時間:約 5分

 

金利ゼロ期間ありのプロミス

300 × 250
プロミスの強み
▼最短即日融資!
最短なら一時間の融資が可能!

▼会社バレなし
コールセンターの対応は完全顧客目線♪

▼最低返済額、毎月1000円から
自分のペースで楽々返済♪ 余裕があればたくさん返済♪

▼三井住友VISAプリペイド2000円分をプレゼント♪
新規契約してプリペイドのプレゼントがされるのはプロミスだけ!

▼WEB完結申込みでカードレスにできる!
※対象金融機関は200行以上あります。

▼自動契約機でカード発行①
土日・祝日の即日キャッシング可能!

▼自動契約機でカード発行②
郵送物なし→家族バレなし!

▼三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座を持っている方
24時間365日いつでも振込融資が可能!【瞬フリ】

▼最大30日間無利息キャッシング!

▼安定収入がある方
20代、30代の正社員・アルバイト向けのローン

[プロミスでのキャッシングならコチラ!]




※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。
※即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※無利息キャッシングは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。


WEB完結申込みのモビット

夏菜さん ループ 200x200
モビットの強み
▼最短即日融資!

▼WEB完結申込み利用
会社と自宅電話連絡なし、郵送物なし

▼申込みフォームの入力項目少ない
PCでもスマホでも簡単に手続き可能!

▼自動契約機でカード発行①
休日の即日キャッシング可能!

▼自動契約機でカード発行②
郵送物なし→家族バレなし!

▼安定収入がある方
正社員・アルバイト・パート・自営業でも利用可能!

[モビットでのキャッシングならコチラ!]


※モビットの即日融資(振込)については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※モビットの利用は、安定した収入があることが条件です。

カードローンを利用する場合の注意点があります!

きちんと要点を押さえて、消費者金融、銀行を賢く利用しましょう。

カードローンを利用する場合の注意点は3つに分けられます。

・カードローンが借入だということを忘れない
・生活を圧迫するほど高額の借入をしない
・闇金融(悪徳業者)に気をつける

以上の3つのポイントに気をつけてカードローンを利用すれば、お金のトラブルになる心配はないでしょう。

カードローンを利用する場合の注意点は、キャッシングにも当てはまります。

ただし、カードローンを利用する場合の注意点を守りさえすれば、カードローンはとても役に立ちます。特に、お金が足りなくなったときは、皆さんの生活の生命線になってくれます。

私としては、

誰もが一枚は銀行や消費者金融のカードローンを一枚は財布の中に入れておいた方がいいと思っているくらいです。

なぜなら、カードローンがあれば、食費がない、光熱費がない、急に病気になった、怪我をしたなどの不足な事態に柔軟に対応してくれるからです。
少し利息はかかるかもしれませんが、そこで一時的な不足金を補えるか補えないかで、後の展開も大きく変わってくるのではないでしょうか。

カードローンを利用する場合の注意点にさえ気をつければ、キャッシングも銀行カードローンも皆さんの生活の助けになってくれますよ。銀行業界でも最高水準の低金利銀行カードローンと、安全安心の大手消費者金融を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

[プロミスでのキャッシングならコチラ!]

[モビットでのキャッシングならコチラ!]

[じぶん銀行カードローンでのキャッシングならコチラ!]

imasia_7971502_XL

カードローンを利用する場合の注意点【詳細解説】

少しざっくりとカードローンを利用する場合の注意点を説明しすぎた気がするので、もう少しだけ詳しく解説していきたいと思います。

カードローンを利用する前によく読んで、いざ実際に利用するときに気をつけたいものです。

カードローンは、お金が不足しているときに怪我や病気になっても、お金を立て替えることができるので、決して大げさな意味ではなく、私たちの生活の生命線になってくれます。

しかし、自分の欲求をコントロールできずに使い方を誤ってしまうと、借金が膨らんで辛い返済生活を味わうことになるかもしれません。くれぐれもご利用は気をつけて自己責任で行いましょう。

カードローンが借入だということを忘れない

カードローンは好きなときにお金を引き出して自由に使えるので、その利便性から、自分のお金なのではないかと勘違いしてしまう人がいます。しかし、カードローンはれっきとしか借入です。油断して湯水のように使っているとあっという間に借入限度額いっぱいになってしまいますので気をつけましょう。お金は使うのは簡単ですが、返済するのは大変です。

生活を圧迫するほど高額の借入をしない

自分の生活が苦しくなるほどにお金を借入してはいけません。毎月の返済がキツくなってしまうと、ゆとりのある生活が送れなくなってしまいます。では、どのくらいお金を借入しても良いのかというと、それは返済負担率を考えると良いでしょう。
返済負担率というのは、一年を通して支払うことになる利息を含む返済額÷自分に年収で表されます。
たとえば、年収300万円の人が一年で60万円返済している場合、60÷300×100=20なので、返済負担率は20%となります。
それぞれ金融機関固有の基準はありますが、一般的には金融機関は、年収300万円の人ならば返済負担率は25%、年収が300~400万円の人の返済負担率は30%、年収400万円以上の人の返済負担率は35%を超えなければ、支払うことができるだろうと判断しています。

闇金融(悪徳業者)に気をつける

カードローンを申込むときは闇金融に気をつけてください。闇金融は中小の消費者金融を装っていますので、消費者金融からお金を借りるときは特に注意しましょう。ちなみに、消費者金融の中でどんなものが怪しいかというと『ブラックOK』、『多重債務者歓迎』、『審査なし』など、お金に切羽詰っている人にとって甘美な囁きとして響く広告を出している消費者金融は、ほぼ闇金融の疑いがあるので絶対に借入しないでください。
また、闇金融は、消費者金融の名前を大手消費者金融や信販会社と巧みに似せており、そのグループ企業と誤認させようとしてくる場合もあります。

闇金融からカードローンを借りてしまうと、お金だけじゃなくありとあらゆるすべての財産を奪われてしまいますから、くれぐれも気をつけてくださいね。

imasia_7443876_XL

 

カードローンを利用する場合の注意点   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る